語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

日本人の有給休暇って一体‥

先日、新聞で「世界で最も休みに「無頓着!?」…日本人の5割が有休日数を把握せず。という衝撃的で、気味の悪い記事を見つけた(-_-) 


え?そんなにいるのかい!。これでは、仕事はもちろん、心から余暇を楽しんでいる人も半数未満ってことなんだろうか。


ちなみに私は職場の中で有給休暇の使用度は決して悪くない人ですf^_^; いや、もっと休んじゃいたいくらい。

今年度は、幸い上司がPTAやってるので、よく休む。だから職場自体、休み取りづらい雰囲気はハッキリいってない。(^ ^)

さらに「お互いさま。」っていう互助の気持ちが皆にあるようなので、アイツばかり休んで!ギロリ! というギスギス感もないことは嬉しい限り。


うちの事務所の空き机の場所には、休暇をとってた人の買ってきたお土産が置かれる風習がある。月に数回は見知らぬお菓子や定番なお菓子と遭遇していることから、うまく回っているようだ。


また、職場の勤務シフト作成担当の先輩が頭のよい人であることも功を制しているのだろうなぁ(^_^)☆


「あと、何日残ってる?」とかいう会話は日常的なものだ。おまけに休暇はパソコン申請管理なので、あの人はどれ位使っていて…とかの情報も隠しようがないことも良い。


このデータは日本はもう経済大国を維持することは、難しいことが残念ながら垣間見えてしまう。

オンオフの切り替えができず、体裁や、眼ばかり気になる。休暇中も仕事のことが頭から離れない…。なんと、惨めなことだろう。( ̄ー ̄)


通勤途上、電車のシートに座っていると、向かい側の列、こちら側の列では、毎日、携帯やスマホ、ゲームに没頭している人ばかり。


このうち半分は、有給休暇の日数すら知らない人なのだろうか。…とすると、無駄な時間の使い方しているうちに、何か起案、企画を構想するとか、必要な文献読むとか。そんなことをコツコツと毎日やれば、月に1,2日には休めないものなのかな。