読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英・西語の学習とヨガ

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。昨夏からYOGAをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。

英語の絵本多読 47

47.Snuffy's Pupies,Dick Bruna



おや、なんと犬シリーズもありましたね(^ ^)    

今回は返却日のため、サラリと読んだ割に、知っている単語なのに、知らない用法を沢山学べたことは嬉しいことでした(^_^)v


go and see the doctor

とあるけれど、この話の主人公話は犬なのにgo and see the veterinarian(vet)とは言わないのだね〜。


妊娠している状態は、expectingとかではなく、is having puppiesと結構直球ぎみですね。f^_^; 


具体の悪そうなsnaffyにいつもより多めのご飯をあげて、良くさせてあげる。そんな表現が、

that did Snuffy good、とdoを絶妙に使うのだ。便利だね〜_φ(・_・


いよいよ赤ちゃんが産まれる夜。

on a night so clear and still.,,


stillは副詞の登場が多かったけれど、ここは初の形容詞的な感じを出してた。静かな状態の時の使い方もあるようだ。

 

とうとう赤ちゃん犬の誕生!って時に動物らしくbornとか使うのかと思ったら、なんと'The puppies came that evening'. なんてしっかり品よく授かりものな表現には驚いた(^.^)


2週間は、fortnigjtとイギリス的かと思いきや、次のページではtwo weeksと同一表現を避ける工夫もあった。


お尻(肛門)全開&ポトリと、う○ちまで精巧に描かれている。ひねりだされたう○ちの向きは三匹のうち一匹分だけ異なっていたのだ。

それにしても、さすがミッフィー作者の色使いの技。犬とう○ちの配色はバッチリ同じ!


さて、う○ちネタばかりになったが、ここでは、messという単語を用いていた。なるほど、こうした直球ではない言葉っていいな。どうもcrapじゃ卑劣なような。


家畜の身体表面にこべりついている、なかなか容易に落ちない固まった糞便は我々の業界では、「鎧(よろい)」と呼んでいる。つまり、stick to its  hair body   な汚物のことですね。

clients from foreign countryが来た時に、この辺りを見学し説明が必要となることもあると思うので役に立つかも。まさかこんな表現をミッフィーから学べるとは!?

v(^_^v)♪