読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英・西語の学習とヨガ

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。昨夏からYOGAをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。

珈琲のイベントにて思った

先日、仕事帰りにぶらりと藤枝駅で降りてみた。


この写真は愛用の珈琲淹れセットです。

あっ、肝心のゴリゴリ磨るやつ撮り忘れてた。f^_^;


先っぽの付属品は、ポタポタと出るように改良した金具(市販品)


ポットは琺瑯なので、素手はダメ!


コップは磁器製で(深川製磁)保温性が良く、口当たりも最高なのでお気に入り。





すると、あちこちで珈琲屋さんの露店が立ち並び、コポコポと、『ひきたて淹れたてドリップ珈琲」の実演販売をしていた(^ ^)




私は、珈琲を淹れるのが大好き。

でも、自分流なので、正確な方法かどうかはわからないf^_^;


そこらじゅう沢山の人が列をなしていたし、急いでいたので、プロの淹れ方を2店舗分ほど、ジックリ観察だけさせてもらったf^_^;


ほぉーなるほど。まるでCMのように本当に新鮮な豆は、プクッとフンワリ膨らみ、確実にとても美味しそう!


私が知りたかったのは、

1 注ぎ始めのスピードと量。 

2 蒸らし後の淹れ方(ポットさばき)。  

3 適切なポットの高さ位置  

4 注ぐ湯の太さ   

5  最後の見極め  

など。沢山あったので全てを理解できた訳ではないけれど、結構、うんうんと納得できた_φ(・_・


明日の朝、淹れるのが楽しみだなぁ♪( ´▽`)


それにしても、こうした感動とは別に信じられない光景を目の前でみてしまったΣ(゚д゚lll)


その露店で珈琲を買った人が、おもむろに「携帯で撮っていいですか?」というようなことを質問していた。


もちろん、店員はいいよ。という流れに‥  (^ー^)ノ 


しかし、なんと動画で撮影している。


店主のポットさばきの全てをスマホにおさめているではないか!


はぁ〜っ‥(−_−;)  

心の狭い私は唖然とすると共に、 こらつ!と心で叫んでいました。(。-_-。)


いくらなんでも、それは技術の盗撮ではないか?!  


私が古くさいのか、どうかはわからないけれど、こういうのをモラル低いっていうのではないかな。と思い嫌な気分になってしまった。


ちなみに私の珈琲豆の購入先の行きつけは、掛川市葛川(昔、住んでいた)にある「ひとまめ焙煎店」さん。

http://blog.hitomame.com


私が、珈琲好きになれたキッカケのお店(^ ^)  豆の美味しさも、素晴らしく、色々と買い集めた中で1番自分の味覚と好みにあう・'(*゚▽゚*)'・*:


ゴリゴりと豆を挽いてる手の感覚も、ここの豆のものが馴染む。香りといい、味、膨らみといい、そして何より店主の奥さまの人柄的にも惹かれ、月に数回は会いに行きたくなるお店なのです♪( ´▽`)


難点は、店に他の客がいる時になかなか入り込めないところ。

別にズカズカ行けばよいのでしょうが、きっとそのお客さんも店主さんとの束の間の会話を購入と同じく楽しみにしているのだと思っているから。


実際、話している2人の表情は明らかに店の暖かな照明と相まって、格段に和みを醸し出しており、これを中断させることへの罪悪感とでもいおうか‥


逆に自分の場合でも、話中に他の客ひこられると、そそくさと出て行かざるをいない。そんな気持ちになるのでね。だから、その開店してはいるものの、入りたくても通り過ぎてしまうことも多々あった^_^;  

店はこじんまりとしているので、仕方なのない客同士の譲り合い?!ってところこもしれませんね