読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英・西語の学習とヨガ

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。昨夏からYOGAをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。

スペイン語学習の進み具合は‥

今、ようやくテキスト全体の4/6を終えたところ。_φ(・_・  最近は受動態とか接続詞なんかもでてきて、だんだん生き生きとした文章と出会えてきた。  

  文法から学べるスペイン語


コツコツノロノロだけれど、よくここまできたものだ(^ ^)

昔からちょくちょく借りては返しの繰り返しの旅用コンパクト本の「スペイン語    絵会話 」を再度、流し読みしてみた。

すると、語彙力のなさは、学習期間と比例し仕方ない。しかし、その文章を構成している文法の概ねの察しはつくようになっていた。
つまり、旅行会話の西語フレーズを見て、和訳読解はまだ不十分。だけれども、スペイン語圏の人に「この本のとおりに読み、Si やNoもしくは解答となるワンフレーズの単語を待つ程度の会話なら問題ないのでは?!」と嬉しい感覚を覚えた。それは質問する会話の構成を理解していれば、「聞くことの意義を理解できている」からだと思う。

例えば、同じように書籍に書かれた中国語のあるフレーズをやってみたって、きっと宇宙語を読んでいる心地だろう。
ところが、ある程度理解している言語とくれば、話す時の落ち着いた気持ちは、そのまま、聞く心構えを備えさせてくれるのではないだろうか。

これからは後半戦。応用文法を乗り越え、まずはザラッと一周回文法を学び通したときに、どんな景色と出会えるだろうか‥。それはとても楽しみなことだ。

ランゲージエクスチェンジのメキシコ人のパートナーからのメールは、頻繁に知らない単語に出くわす。 その中でも、おやおやっ、この文章は〇〇法っぽいな?と調べる方向性がわかり始めていることは、何とも喜ばしい進歩を感じる今日この頃なのだf^_^;  

え〜と、私はスペイン語を独学でやってるのですよ。はい  ってようやく言えそうな段階まで、もう少しだな(;^_^A