語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

最近の語学の学習

前記事のとおり、少し最近英語絵本の学習を中断している。


かといって、語学の学習からは離れてはいない。仕事の空き時間に、やっていて、ためにもなり、かつ面白い学習方法を取り入れているから_φ(・_・


それは、「外国からのお客さんが来た時の現場における対応マニュアル」を作成しはじめたから。


以前、さらりと書いたけれど、私は

Slaughter house に勤めているVetなのです。

それで、ごくごく本当にごくたまに、外国からお客さんがきます。

そんな時に限って外国語を嗜んでいる職員がいないことばかり。毎度アタフタしてきたことを上司に聞いたことがあった。


それでは、そんな時のために、私が最低限、相手に説明できるような説明マニュアルを作ろう!ということを思いついた。


作り始めてよかったことは、自分の仕事関連のことだから、それらを外国語論文を読んだり、ネット検索しつつなんてことを仕事中であっても堂々とできること。

そして、同時に外国の先進事例を英語で直に学び直しができること。


一から作っている完全オリジナル版なため、頭の中でイメージトレーニングとか、暗唱がまた楽しい!


なんて、備えあれば…、肝心の外国人さんが来ないものなんだよねf^_^;