語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

久々に嬉しい一言…

今日は近所の公園へ娘を連れて遊びに出かけた。小高い丘まである芝生の広い公園だ。


持参品には、新聞広告を数枚だけ忍ばせておいた。 

それは紙飛行機を折るため。

以前から、この単純な折り紙の奥深さには興味があり、いろいろと調べ「よく飛ぶ飛行機」を模索し、試作品をこしらえていた。 
その成果をためす?!機会だった。

さて、いつもどおりの試作品が完成し、いざテイクオフ!

思ったとおり、この少しだけ小高い位置から丁度よい上昇気流をとらえ、あれよあれよと、遠くに気持ちよくスイ〜っと飛んでいった♪( ´▽`)


それをどこかでみていた少年が叫びながら跳んできた。

「わぁ〜!おじさんの飛行機、スッゴい飛ぶね!かっこよかったね、わぁ〜、やってやって。もう一回!」o(^▽^)o


やはり、しっかり重心が考慮されている折り紙飛行機っていうのものは、うまい風をつかまえると本当に良く飛ぶもんだ。

今日は作成者冥利に尽きる嬉しいひと時だったf^_^;

そうそう、外国人は折り紙作成だけでも、とても食いつきがいい場合があるようだ。
男の子なんかなら、こうしたとても飛ぶ飛行機なんて、教えるにはいいかも。図書館に英語の折り紙本が確かあったはず。
また、楽しみ(ワクワクする英語学習こそ大切)が増えたかな(^ ^)

次回は、ギネス記録の紙飛行機をやってみよう。部屋の中でさえも、凄い安定感!  紙の素材と風、そして、微妙な調整さえうまくいけば、凄いことになりそうだo(^▽^)o