読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英・西語の学習とヨガ

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。昨夏からYOGAをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。

新しい趣味(ヨガ)を持つこと


前にも書いたけれど、ヨガにハマってます。まだ4回しかレッスンを受けていないけれど、かなり愉しい(^ ^)m


まだ、アーサナ(いわゆるポーズ)は沢山は知らない。でも、レッスンのたびに、前に習ったものから何かしらの「気づき」がある。そのAha体験が楽しさをさらに増やしているようだ。

そして、ヨガ的な思考として、「今の自分を(できない)受け入れる」というのが好きになっている。身体は柔軟と信じていたが、もうさすがに思っているほど動かなくなってしまった。

そして、つい周囲のできている人をみてしまい、アレ?あららっとやってしまう。でも、これが自分なのだ。

 

静的な動きなんて、昔なら、あまりに退屈で、イライラさえしてしまったいた。それが今では、なんと静的な王様「シャヴァーサナ(死体のポーズ)→文字どおり、ダラーン手足を投げだし、軽い大の字?みたいな仰向け寝。」がお気に入りなのだから。レッスン前や後にもあるのだけれど、これがどちらも心地よい。レッスン開始から、早くドンドン動きたい!なんて思ってしまうことはない。レッスン後のこのアーサナで身体に聴く感覚は初めてのことで、つい先生の心地よい声かけで、つい爆睡シテしまうのだけれどf^_^; 


40半ばで、たまたま近所にあるレッスンスタジオをみつけ、通い始めた。

このようなことは、やはり何かの縁なのだろう。

ヨガには瞑想という項目もある。私の乱れ疲れた精神を癒し、改善、休ませるためにも、それをコントロールする術を身につけてみたい。


ヨガや語学。どちらも生活に欠かせないものとなった。