語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

初ヨガ本を買ってきた


今日は初めてヨガ本を購入してきた。…といっても図書館から既に3冊は借りて読んでいたのだけれど、手元に置きたいほどの本ではなかった。


でも、たまたま大きな書店に出張帰りに寄った際に、おっ!!というモノに出会った。


まだ5回目の受講レッスンながら、自宅で復習している時に、はて?これはどんな意識をもち、到達点はいったいどんなアーサナなのだろうか??と思わずにいられなくなっていた。

単にポーズを真似ね、筋を伸ばす…っていうのでは、ストレッチに過ぎなくなってしまう。


そんな時、どこがで聞いたことのある綿木というにピンと来て、中身をパラパラとやってみた。まず正直、ヨガ美女のモデルさん(メロディー洋子さん)に魅かれてしまった♪( ´▽`)  


そして『ヨガのポーズにまつわるルールがそもそも何故生まれたか。その理由や目的をレッスンとしてまとめ、ヨガ本来の目的に立ち返ろう…』という後書きにズシンとハマってしまった。

さらに、読み進めると、禅の訓えの『指月』という記述にハッとさせられた。 何故なら、あの有名な映画の名場面の後半にでてくるフレーズに関連していたことを思い出したから(^ ^)  

ブルースリーの『Don't think, Feel!』の台詞の後に続く言葉だったのだから。


まったく書籍って素晴らしいなぁ。

私は滅多に飲みに出かけることはないのだけれど、一回の飲み代の1/3程度で、こんな名著に出会うことができる。


さて、図書館から久々に自分の専門分野に関わる本も借りてみた。


なんだか読み終わった時にまた少し、今の生活を顧みる機会になってしまいそうな予感がする_φ(・_・   その時は、また紹介してみたいと思うf^_^;