語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

肉食を控えよかと…

ヨガをはじまてから身体を気にするようになった。自分はとてもハマリやすい。どうやらヨガは他のスポーツと違い語学ように長続きできる趣味になりそうだなぁと思う今日この頃(^ ^)  


前のブログ最後に書いたけれど、図書館で借りた本に考えされられたことがあった。正に自分の専門としている分野のことだけに、一気に読んでしまった。イーティング・アニマル―アメリカ工場式畜産の難題(ジレンマ)

イーティング・アニマル―アメリカ工場式畜産の難題(ジレンマ)


さらに、関連したネット記事にも衝撃的だった( ̄Д ̄)


http://macrobiotic-daisuki.jp/no-meet-1917.html

これをたまたまみつけ、もう肉やめようかと考えている。友人は昔々止めていたことがあったことをおもいだした。でも、植物性蛋白は力がでなくなって途中で断念した。わたしは身体を考え、べつにベジタリアンになる訳でもないから、乳卵魚はやめないけれど。

断肉へのきっかけは、先日、モスバーガーで素晴らしいオプションがあることを今更ながらみつけたことにもある。


菜摘→挟むパンをレタスに。

ソイパティー→肉を大豆肉に。


というものがあり、これがまたとても美味しかった♪ (*^◯^*)


あ〜、身体が昔のように絞れて、体力がもどってきたら、またサーフィンをやりたい。そんな願望はまだある。f^_^;  

 

静かな波にまたがりユラユラと揺れ、遠くを見つめ、波を待つ。あの時間の流れの癒しと、テイクオフした時の清々しさをもう一度味わいたい♪( ´▽`)