語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

歳を重ねてしまった顔の表情

健康になりつつあると、鏡に写る自分に興味が湧いてくる。


あ〜。歳とったな(-_-)  なんだかふと、思った。もう44歳なのだ。


おや?!  ほうれい線が、目立つじゃないか…  だから、老けて見えたのか。と、改めて思った。


そこで、色々と検索して、「ほうれい線の改善策」を調べてみたd( ̄  ̄)


これだ!

「舌回し健康法」。なんてことはない。口の中で上下の歯を左右20周づつクルクルと舌回しするだけ。


はてな。これは何による効用なのだろうか?! と思慮すること数秒。


私は即座にあの動物を思い浮かべることができた。今日だって会ってきたのだから(´ー`)


それは?牛さん。


この健康法は、もちろん舌回しで、顔面筋肉の衰え改善させることが、一つのポイント。


一方、牛さんでお馴染みなのは、唾液の分泌量の盛んさ。


これは彼らの消化活動に必須の反芻行為により、唾液とよく混ざり合い、消化を促進させている。

つまり、生命維持には、唾液の活躍がとても大事なのだ。


また、もちろん彼らの顔にほうれい線なんか、全く見当たらない。


ここで着目したいのは、唾液を盛んに分泌されるために、発達した舌の動き。


普通の女性の前腕より太い牛の舌。草や飼料を食べる時、そのしなやかなで力強い動きに、惚れ惚れする。


やる時期なんて、職場への通勤途上、トイレ、仕事中(正面に人のいない時)、寝る前。いつだっていいのだ。


ただ、他の改善法を調べると、ほうれい線に直にマッサージするのはご法度らしいので、事前に調べておいてよかった( ̄▽ ̄)