語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

本当はやりたいピアノ

娘は年中からピアノを習いはじめている。

ちょうど夏に初めての発表会があり、あっという間の演奏だったとはいえ、とても感動してしまった(^-^)


兄の息子もピアノを習っていたが、嫌々すぎたらしく、たった2年でやめてしまった。


実は、ちょうどその期間の一年だけ、私も独学でピアノをはじめた。^_^


私は小学生の時に4年間だけエレクトーンを習っていたこともあり、全くの初という訳ではなかったので、結構、つまずくことなく、上達していたように感じていた。


しかし、独学用に利用していたテキストが3巻目から、頼りにしていたある物が添付されなくなっていた。


そのことが自分のモチベーションを下げるキッカケになり、結局途中棄権となってしまう。


そのある物とは「演奏模範CD」だ。

独学でも、そのCDを聴いたり、ネットでその課題曲の投稿YouTubeを見ると、ヒントになったり、何といっても励みになった。


それが、3巻目から全く頼りにできなかったことで、不安が募ってしまった。


素人演奏だったとしても、それすら耳で確認できないことは、独学者には、とてもきつかった。


また、小さい子供の時にエレクトーンをやったせいか、音符は久しぶりだったが結構読めた。


練習時、その課題曲の正確な音を聴けば、あとは手さえ動けるようになれば、よいだけ。そんな具合に2巻目まではグイグイ楽しんでこられたのに_| ̄|○


ちょうど今、夜はヨガにハマっており、さらに一つ趣味を増やすかを迷っている。


たまに平日に休暇を取り、娘のピアノ教室へ送り迎えに出かける。

その時先生に、一度質問したことがある。


「月謝のレッスンでなく、ワンポイントみたいに私も習えるか?さらに図々し頼みとして、テキストの課題曲を先生に弾いてもらい、それをダビングできるのか?」と!f^_^;


答えはなんと「いいですよ!」だったのだ。聞いてヨカッたぁ^ - ^


あ〜。でも、あの素敵なお答えから、ずっと迷っている(-_-)。


何かこう、昔はいつでも音楽がずっと支えてくれていた青春時代だった。(洋楽80'sからヘビメタ、ハードロックなど)


それなのに、大人になり、全く聴くことが激減した。

車内では、子供のDVD上映だし、食事作る時や食後には(テレビの音が聞こえず)やかましいと言われたり。


そうだ、再来月の『太陽礼拝 108回」をやり切れた時に、自分の心にもう一度問うてみよう!


久石譲さんの曲を弾けるようになりたい。

そして、もちろんショパンも♪( ´▽`)