語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

ヨガ講習会へ参加してみたい

私が定期的に閲覧しているヨギー先生のブログ↓

http://s.ameblo.jp/yoga-gambaru


とても分かりやすく、毎日の購読で気づきの連続だ。^_^


この先生がインストラクターになった時に受講したスクールにとても興味が湧いた。

彼曰く、自分の今のスタイルの原点とまで、言わしめるそのスクールへ私も参加してみたい!…と最近とても思うようになった。


今の私の状況は、正に人生最大最悪なストレスに陥っている。

しかしながら、毎日のヨガと週一のレッスンのおかげで、心身共に思ったほどのダメージを受けていない。


それは、確実にヨガとの偶然の出会いによる作用が原因だと確信している。


私はまだヨガ歴5か月足らず(90分レッスン×17回)ではあるが、心からヨガの練習やヨガの考えにとても傾倒してり、もっと浸りまくりたいと思っている。  


そこで、今とても尊敬している芹澤先生のオススメなスクールで、基礎を固めたいと考えるようになってきた。


実は私の同僚は2人も鬱となり、自殺してしまった。

年はかなり離れていたとはいえ、仲間として何もできなかったことは後悔している。


もしも、今の自分のように最悪なストレス渦中にいても、耐える心や身体があれば。

または、それを吐き出させる相手や場所、方法を知り得ていたり、助言できるような自分になれていたら…

そんなことをこの精神的な苦痛の続く自分の状況をある意味、新しいキャリアビジョンとして、捉えるようになっていた。


今、私はヨガのおかげで、精神や身体的には、ヘコタレてはいない。むしろ、活力も気待ちも平常心を保っていると思う。


もちろん寂しさはある。突然愛する子どもを取られたのだから。


ということで、今からできることに向かい合いたい。そこで、ヨガスクールへ資料請求とともに次の質問をぶつけてみた。


『18日間連続の休暇取得は無理なので、半分づつ分けて受講可能ですか?』と…


もしも、スクール側から、前向きな回答がもらえたら。どんなに楽しみな新年度を迎えることができるだろう。


…と期待していたが、早速メール回答がきた。案の定、18日間コースだけです!と。残念f^_^;