語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

2017 これからのこと

先日のブログでは、今年は色んなことへの『断捨離』の年になりそうと書いた。

 

だから、手始めにやり易い「物の処分」から始めておこうと思う。

 

ちょうど、またしても今週は土日勤務。平日の振替休日を利用しない手はない^_^ 


何せこれを思い立った年末は、ゴミ処理施設はもう大変な混雑。待ち時間だけでも、もったいなかった。

平日にノンビリとゴミ出しに出かけてこよう^ ^  


これから断捨離の後に待ち受けているのは、確実に今の家からの引越し。再び単身生活にもどるのだ。


16年ぶりの部屋探しか…(-_-;)


それでは、私にとっての部屋探しの大切ないくつかの要件を挙げてみよう_φ(・_・


1 絶対に譲れないのはこれ!

  部屋としては2Kあれば十分。でも「朝日の見え具合」。これだけは今の私には重要。「南東か南側向きのバルコニー付き」で二階以上の部屋。→ライブ感のある太陽礼拝のためにね。(今時こんな選び方する人はいるのかな?もちろん日向の匂いのする洗濯物が好きというのもある。)


2 今通っているヨガスタジオやスーパーマーケットまで手軽に自転車で通えること。

→自家用車(妻が持ち去ったものが戻ってきた)は、子どもとの思い出が詰まっている。しかし、1人になると頻度や維持費を考えると、とても無駄。手放す勇気と現実を見つめる必要があると思う。(最近話題のカーシェアを調べてみよう)

ちなみに自家用車が返却されたのは、別居妻が高級新車を買ったから。本当にこのタイミングに信じられない行動。

どうやら年末旅行もしていたようだし。


3  隣接住民が喧しくないこと。

→以前、大学生が毎週末どんちゃん騒ぎで、ほとほと疲れた。この頃から耳栓を愛用するようになった。


4 ベランダからの受動喫煙やペット騒音など、住んでみないとわからないイライラ要素が最大除外されていること。

→これも住み難さにジワリと影響してくるからね。


5 自治会の役員輪番がすぐに回ってこないこと。もしくはそういう組織に入ってないアパートだとなお気楽。


6  キッチンにはガスコンロ、グリル付き。

→美味しい料理は電気よりガスという思い。やはり焼き魚は重要。パンだってたまにはトースト食べたいしね。


7  同様にガス暖房機利用のためのガス栓が部屋にあること。

→電気より温もりは愛用のガス物に限る。  


8  できれば鉄筋構造三階建以上。だめなら、近くに避難できそうな建物があること。

→大地震の際に津波の恐れが必至な焼津としては大事。避難できる構造の建物だと少しは安心。


以上です_φ(・_・

お〜い…そんな所なんて絶対見つからないよっ?!

いやいや、これを半年〜一年?かけて、探してみる٩( ᐛ )و


楽しみにしてください…太陽礼拝している時の『目線ビューな画像』のブログアップを! ♪( ´▽`)


私はこうして、辛く重たい離婚調停を様々な角度から、多少のお楽しみ要素を交えて、乗り越えていこうと思います。

暗い事件だからこそ、何かしやの楽しみ?!を見出して挑まなくては!  


フムフム…こうしたことも、いつの日か、男の離婚調停実録本(仮題←小説風に仕上げたい)にも、掲載していかな?!_φ(・_・


そういえば、年末年始にテレビで「しくじり先生(確かそんな題名)」の番組は、本当に良い気づきを与えてくれた。


そうか!こういう風にプレゼンすると、心に響くし、愉快な講義だ。是非反面教師にして欲しい。


これをヒントに閃いた「次世代育成計画…結婚生活を始めるあなたに贈る言葉(仮題)」なんていうのも経験を生かすのもいいな…なんてことを考えてみた。

次回に続く⤵︎