語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

カブ(蕪)との出会い

タキイ カブ 早生大蕪 4ml AKA001


またまた食べ物ネタです。

今更ながらカブの奥深さを知ったので、嬉しくて。


正月休み中、実家でカブの炒めたものを初めて食べた。

シンプルながら、目から鱗の旨さであった。カブなんて漬物しか用途ないと思っていたから。


今日は、早速スーパーでカブを初購入してみた。なんと嬉しいことに、カブ本体以外に、いきの良さげな葉っぱも沢山付いているのだね。

(葉っぱの形状で、和洋種の区別ができる→下の紹介本で知った)


まずは定番と思われる味噌汁にし、余った大量の葉っぱも調理した。


ごま油でニンニクと生姜さらにジャコを炒め、醤油・酒・砂糖などで炒め水分飛ばし、ふりかけ風にした。何だかちょっと味にアクセントないから、七味と山椒を加えたのは正解。炊きたて御飯だけに、ドンドン食べることができるほどの出来栄え

^ - ^


さらに調べたら、このカブと葉っぱは、かなり栄養価も優等生なのだ。

(葉っぱについては、ギザギザではない和種の方が、毛も生えてなく、柔らかく美味しいらしい)


やはり、調べもの大好きなマニアックな私は、すぐ図書館で大好きな絵本シリーズを借りてきた。_φ(・_・


『そだててあそぼう  カブの絵本(農林漁村文化協会)』


http://www.ruralnet.or.jp/ehon/ia/


この絵本は本当に素晴らしい!楽しく、可愛らしく、目に優しいし、おまけに専門的なことも学べるし、もっと知りたくなる構成なのだ。


このシリーズは、食材、生き物、加工食品、さらに農業など多岐にわたる。挿絵も題材により個性派なイラストレーターが異なるのも飽きない。


実は私の将来的な最後の趣味としたいのは、もう絶対に「家庭菜園」と決めている。

確実にハマる要素だらけだし、健康で長生きのためには、晴耕雨読な暮らしと、野良仕事思っているから(^.^)


ではなぜ今からやらないのか!?というと‥、

ヨガ、語学、できればピアノも再開したいから。さらに特許申請とスポンサー探しなど_φ(・_・


これでは、とても時間をやりくりできないf^_^;。

特に今年は家庭問題で全ては無理でしょうからね。それに、家庭菜園始めても、今の家は処分しなくてはならないだろうからね‥庭にまで遺恨を残したくないし(-_-)


カブの種類や歴史知るだけで、スーパーの野菜コーナーが楽しくなる。これは絶対ハマるな〜^ ^