読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

おにぎり弁当

昨日は娘の幼稚園最後の登園。おにぎり弁当持参の日でした。(昼ご飯を園外で食べる時が月に2-3回ある)

 息子三年、娘四年間ずっと私が作ってきた「おにぎり」。 


どうせ、子どもを連れさった妻らに、「最後だから、私に作られて‥」と頼んでも拒否されることは明確。おまけにトラブルになるからと、唯一会える登園時間に待ち伏せ‥て会いに行くことすら、双方の弁護士に控えるように言われている。


しかし、この機会、時間は2度と戻って来ないのだ。毎回、私の作っている姿、できたオニギリをニコニコ眺め、食べたがっていた様子‥。思い浮かべるだけで、目と胸が熱くなった。


翌朝いつものように、起床前の4時頃に一度起き上がり、炊飯器にスイッチを入れた。(水漬しっぱなしのタイマー炊きはしない。前日に洗米後、冷蔵庫で水を切りしておいた冷えた米と炊飯釜で、炊飯直前に水を入れて炊飯器にかける。こうすることで、吸水過多で米粒の張りを損なわずない。そして、炊飯時に昇温しにくくなるので、甘味が増しやすくなるのだ。)

こんな風に私は、たとえご飯だって、美味しいものを子どもに食べさせることに、とてもこだわってきた(^-^)    さて、私の思惑以上に、見事に最後を飾るに相応しい素晴らしい米が炊けた。


娘の好きだった鮭を具材に。心を込めて握った。

残念ながら、妻側は2つは、おにぎりを持参してくるだろう。だから、私は1つしか作れない。残させる訳にはいかない。これが精一杯だった。しかも小さいのを。


でも、握っている時に、ふいに悲しく悔しいことになってしまった。

これが最後のおにぎりなのだな‥と思うと、握っている手をなかなか離せなかった。もっともっと握っていたかった。  でも、そんなことしたら、固くなってしまう。せっかくのフワッとしつつもシッカリな、この格別なおにぎりを通り越しまう。


はぁ〜、あと1つ作りたかったなあ。そうだ!娘と同じ味を楽しまなくては。と思い直し、自分の分も2つ握ることに留めた。


幼稚園に着くと、園内で元気に遊ぶ娘を見つけた。

持参してきたおにぎりの紙袋には「◯◯ちゃん ぱぱのおにぎり おいしいよ たべてね 」のメッセージと、パパの似顔絵を描いておいた。


娘はそれを目を大きく開けて、満面の笑みで受け取った。そして、担任やたくさんの友達に、「パパおにぎりもってきてくれた!」と紙袋を見せびらかしていた。


「さあ、教室のリュックの中にしまっておいで」と声をかけるのと、急ぎ足で階段を駆け上がって教室へ消えてしまった。

靴は下駄箱に入れてなかったから、きっと戻ってくるだろう。と思いしばらく待っていた。


ようやく戻ってきた時には、まだ紙袋を手にもっていた。

再度、「リュックの中にしまっておかないと、潰れちゃうよ」と言うと。靴を履き直し、また担任と友達に、担任やたくさんの友達に、「パパおにぎりもってきてくれた!」と紙袋を見せびらかすかのように、また声をかけまくっていた。


もう、こんな様子だけでも目頭が熱くなってしまった。 その時周囲には父兄がいた。だから咄嗟に「オニギリもたすの忘れてしまって‥」と取り繕う言葉しか出てこなかった。 

 まさか、最後のオニギリを妻に内緒で届けに‥なんて言えるはずもなく。


その後、夕方に幼稚園からの着信があった。


急いで掛け直し掛け直すと、担任の先生が、「◯◯ちゃん、昼に誰よりも早くお弁当広げて、パパの作ったおにぎりを一番に食べていました。」と教えてくれた。私の優しさに心を打たれたとまで言ってくれたのだった。


こんなに嬉しいことはなかった。私はずっと彼らの食事を作り見守ってきた。パパの味を4ヶ月ぶりに手渡しされた時に、さすがの幼い娘の記憶は蘇り、楽しい思い出が嬉しかったに違いない。


一時期、娘までも片親疎外に陥り、私のことを避ける言葉を言われたことがある。

これこそ正に別居親の無言の圧力と、子どもならではの防御反応(同居親の意向にそうこと)であったのだろう。

妻は義母にオニギリすら作らせて、毎日家事をやらないように、義母を同伴して別居しているほどなのだから。


とにかく、やらないで後悔するより、弁護士がどういおうと、今回ばかりは、私の正義を信じて実行してよかった。あの時の娘の表情、声は一生忘れない。

  

そうそう、このオニギリは生涯最高の味だった。同じ味のこのオニギリを昼食時に頬張っている時に、娘も食べてくれていると思うだけで、どうしても、嬉しくいけれど、やはり悲しくなってしまった。

けれど、担任の先生の報告で、どれだけ救われたことか。


いつかきっと、面会交流がしっかり決まれば、ピクニックマットと弁当をもって、また旅行やお出かけしたい。 子ども達に料理の楽しさ、誰かのために作る気持ちの素晴らしかを知ってもらえたら一番嬉しい。 


しかし、自分の子どもなのに、自由に会えないのか。  

連れ去った方がほぼ100%勝ちなんて、おかしな国だ。本当におかしい! 日本中で別居親、特に父親は皆泣き寝入りなのがこの腐った日本の司法の現状なのだ。弁護士すら、初めから負けを認めて居るのだから‥

(弁護士選定にあたり5人の弁護士に相談したが、全員が親権は無理と答えた現実。悔しい。)