読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英・西語の学習とヨガ

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。昨夏からYOGAをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。

猫を飼いたい

f:id:shin_taro_324:20170421204635p:plain

ふぅ〜っ(´-`)1人きりの住まいはとても寂しい。いかんせん家が大きすぎる。夜の静けさはひどいもの。何より無人無音の部屋に戻る侘しさは堪らない。(一階に義父を残して出ていくという意味不明なことをされているが)


そこで、新しい家族を迎えたくなった。 調停、裁判しても結局は連れ去られた父親は負けは日本では確定なのだから。


昨日タイミングよく、仕事の通勤路に大きなペットグッズ店があることに気がついた。

これはやはり縁かなと思うので、今日は帰りに必要な飼育グッズの見積もりをしてみよう。


なんだか久しぶりに、ワクワクしている。

やはり愛する子どものいる家に帰る‥という当たり前のことすらできないこの異常な事態を変えたい。

猫だって立派な伴侶なのだ。学生時代、自宅にはアメリカンショートヘア()がいたけれど、立派な家族の一員だったし、皆んなの癒し王子であった。


先週出会った近所の繁殖家のブリティッシュロング(ショート?)ヘア()の子に一目惚れしてしまっている。何とその両親さえも凛々しかったのだから、もう堪らない。

でも、残念ながら、GW明けでないと社会化(親猫との生活で猫らしさを学ぶ期間)のため購入はできない。

それに5月中旬には、宿泊出張のためいきなり1人ぼっちの留守番はさすがに可哀想だし心配。

そこで、5月中旬以降に引き取り可能としてもらえるように明日は交渉してこよう。


実は明日の子どもの授業参観すら調停で、禁止されてしまっている。ホントに何でこんな不利になってしまうのだ! おまけに、面会交流はまずは月に1時間なんて馬鹿げた事を強いられている。

こんな条件でも、やらないよりは試行しながら交渉すべしとの弁護士からの意見もあり、苦渋の選択をしている。

何故あんなに仲良しだった子どもとも会えないのか!悔しい。


だから、明日はせめてその苦痛な時間は、新しい家族に会いにいこう。きっと子ども達と一緒に過ごせる時間を楽しめることができることを待ちながら。