読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語学の学習とヨガや猫

子どもの連れ去り別居は片親疎外という児童虐待を引き起こしている。現在、離婚調停中で2人の子どもと引き離され、会うことすらできない2児の父です。 昨夏からYogaをはじめていたおかげで精神的になんとか維持できています。 家族を失い誰からも頼りにされない孤独感を癒すため、最近、仔猫を飼い始めました。

仔猫がやってきた

迎え入れの日が来た(^-^) 

出会ってから1ヶ月。ようやく我が家に新しい家族が増える。

先週は色々と調停準備や不快なメールやり取り、新職場での思わぬ多忙な日々で、飼養準備が遅れており、バタバタな朝でした。


まずは2段ゲージを朝一で取りに行き、組み立てて受け入れ準備を万全に。仔猫が来てから作るようでは、重い構造物で思わぬ事故にあったらかわいそうだと思って。私は不器用なのでね。

このゲージは日本の老舗ゲージメーカーのシゲミツ製だ。

おそらく学生時代に使用していた犬用と同じ感触。この仕様なら、使いやすさは太鼓判な安定感があるからホッとした。1,7000円もしたし(-.-;)

でも、購入した店でも、使用されていたので迷わず購入してしまった。

http://www.catteryna-kanesei.com/parent.html


さて、購入店で使っていた仔猫自身の臭い付き猫砂を我が家の猫砂に混ぜ入れ、いよいよ準備完了。


キャリーケースから部屋にそーつと仔猫を開放した。‥と、これがまず失敗であった。

仔猫‥、いや名前はもう決めたのだけど。

〝りる〝ちゃんは、低姿勢で部屋クンクン臭いを嗅ぎまわり始めた。(りる‥拉致された2人の子どもの名前から一文字づつ使ったのが由来)


しかし、ここでしまった!と思ったが時すでに遅し‥。

ピアノの下の隙間に入り混んでしまった。さらに悪いことに、その裏側のピアノ背面の窪に入り、出てこなくなってしまったのだ。


私はもちろん調べ魔なので、『はじめて家に迎い入れる時には‥』という記事を何通りも書籍やネットで読んで知っていた。

しかしである。

やっぱりいざ本番となると、ついキャリー鞄から、そっと鞄の口を開け外に出すような優しげな雰囲気とその動物の仕草なんかを見たくなってしまったのだ。


はぁ~、オシッコしなくていいのかな?  お腹空かないかな。ピアノ横の左右にトイレ砂と餌を配置。という異様な待機状態な初日であります。


もうかれこれ6時間も出てこない。覗くとどうやら、ずっと寝ていたようだ。1時間前に態勢変わってたから起きた様子。今晩バタバタ走り回ったり、夜鳴きないといいけれど。


ああ‥。(人間の)子どもらの乳児期には、本当によく夜泣きお守りをしたっけな。

子育てが生き甲斐だった。それなのに、嘘をつき続け、自分勝手にやってきたくせに、先に子どもを連れ去った者勝ち‥‥。また嫌なことを思い出してしまった。( ̄ー ̄)


マイナス記憶の反芻はとても脳に悪い。一昨日NHKスーパープレゼンテーションでやっていたなあ。

今日から新しく希望のある生活のスタート。気長に待ってみよう。